CAD図(3D-CAD)、PDFこちら(グレーチング仕様)こちら(SUS目皿仕様)をご覧下さい。

①-A. 主にプレテンホローへのご提案例

ご覧頂きたい項目の番号をクリックください

例:間詰部排水
①-A2へ

  • 補修の困難な箇所へ耐食性に優れたステンレス製を
  • 縦横比が自由に製作出来るので橋軸方向を長くし流量確保 etc.

例:補修排水
①-A3へ

    間詰箇所の交換が困難な場合の例として

  • 床版より上の桝枠の箇所のみ交換
  • 既設管の中へ挿し込むサイズで製作、設置 etc.

例:地覆部横引管
①-A1へ

  • 設置のしやすい横引管+鉛直管仕様
  • 掃除のしやすい可動式目皿/蓋付仕様 etc.

例:天板プレート一体型排水装置を用いた例
①-A4へ

  • 埋設箇所の撤去、設置が困難な場合に
  • 流末の延長を伸ばしたい、導水したい場合に etc.

①-A1.地覆部 横引管 製品事例

①-A1-1. TSDR-YD/SFDシリーズ
♯地覆 ♯横引ドレーン 

トーカイスパイラル 横引排水 TSDR-YD/SFD ご提案

TSステンレス排水装置では現場毎の課題に対し様々なご提案を行っています。
今回、下記新製品をご提案します。
従来品と新製品との組み合わせ等、現場に合わせ個別でご提案を行っています。お気軽にお問合せ下さい。
①清掃を行いやすい蓋付製品等のご提案
②耐腐食性に優れるステンレス製品
③1基から現場に合わせ作図、製品製作

①-A1-1-1.「TSDR-YD101」 ♯地覆 ♯横引ドレーン

TSステンレス排水装置 ”TSDR-YD101” 主な特徴
横引きのみのシンプルな仕様 / 桁への飛沫を考慮した流末形状

設置イメージ

・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

①-A1-1-2.「TSDR-YD201」 ♯地覆 ♯横引ドレーン

TSステンレス排水装置 ”TSDR-YD201” 主な特徴
鉛直部は詰まりにくい樋仕様 / 横引部と鉛直部は分離式で設置の自由度が高い / 横引部の清掃が地覆外側から可能

設置イメージ

・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

①-A1-1-3.「TSDR-YD301」 ♯地覆 ♯横引ドレーン


TSステンレス排水装置 ”TSDR-YD301” 主な特徴
工具不要で開閉できる目皿で清掃がしやすい / 鉛直部の掃除蓋も工具不要で開閉可能です

設置イメージ

・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

①-A1-1-4.「TSDR-YD401」 ♯地覆 ♯横引ドレーン

TSステンレス排水装置 ”TSDR-YD401” 主な特徴
横引き部と鉛直部を分離、鉛直部は丸型の排水管としている為、低コストかつ設計の自由度が高くなります

設置イメージ

・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

①-A1-1-5.「TSDR-YD501」 ♯地覆 ♯横引ドレーン

TSステンレス排水装置 ”TSDR-YD501” 主な特徴
舗装天端からの集水可能な幅広目皿仕様、工具不要で開閉でき清掃がしやすい / 鉛直部の掃除蓋も工具不要で開閉可能です

設置イメージ

・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

①-A1-1-6.「TSDR-SFD」 ♯地覆 ♯横引ドレーン

TSDR-SFD 部材内訳/仕様例

 

鉛直部にステンレス(SUS304)、埋設横引きにFRPを使用し優れた耐候性、耐腐食性
耐久性に優れる
薄型ステンレス(SUS304)とFRPで極めて軽量。また接続部は可動し現場での微調整が可能
施工性に優れる
鉛直排水管部と埋設横引管を別構造としており、それぞれを別々で交換可能
維持管理に優れる

設置例

・カタログはこちらをご覧下さい。
・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらをご覧下さい。

構成パーツ
内容
仕様
①本体横引埋設部 1 FRP 表面処理:デッキコート □60×105 L=650
②アンカーバー 4 SUS304 M8 L=90
③本体鉛直排水管部 1 SUS304 掃除蓋付 □125×125 t=2 L=850
④支持金具 2 SUS304 EPDM貼付 幅50mm t=2
⑤あと施工アンカー 4 SUS304 M12×100

 

①-A1-2. 地覆部 横引管 形状例 (各種組み合わせ可能)

詳細、組み合わせの可否ご相談等はお気軽にお問合せ下さい

地覆貫通管(丸)

地覆貫通管(角)

掃除蓋付例

グレーチング例


現場接続仕様例


様々な形状例

No.11-01

No.11-02

No.11-03

No.11-04

No.11-05

No.11-06

No.11-07

No.11-08

No.11-09

No.11-10

グレーチング仕様の横引管にTSDR-YD301の工具不要で手で開閉可能な掃除蓋を組み合わせた例です

No.11-11

TSDR-YD301の可動式目皿のサイズを大きくした仕様になります。現場状況に応じ仕様変更、組み合わせ可能です。

①-A1-3. 横引(地覆貫通)管 設置写真例等

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 1
①設置例 型枠一体型
型枠一体の設置例です。こちらに埋め込み部の形がわかる写真を掲載しています

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 2
②設置例 掃除蓋付き
比較的小型の仕様です。コの字型の蓋を長めのボルト一本で取付けた蓋付です

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 3
③設置例 曲管
地覆形状に沿ってS字状に曲げて製作した例です。鉛直の上端はカバーの無い仕様です

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 4
④設置例 金具一体型
鉛直の角管へ直接プレートを溶接し、支持金具一体とした例です

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 5
⑤設置例 フレキシブルチューブ接続
フレキシブルチューブを接続する為、サヤ管を溶接取付しています

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 6
⑥蓋付例 掃除蓋付き
開閉可能な蓋付の例です。脱落、盗難防止の為、チェーンを取付しています

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 7
⑦設置例 L型(SUS目皿)例
L型の飲み口とし、SUS目皿の例です。目皿の孔形状は自由に指定できます

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 8
⑧設置例 L型(グレーチング)例
L型の飲み口とし、グレーチング(SS400※絶縁対策済み)の例です

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 9
⑨設置例 L型(グレーチング)例
⑧と同様ですが地覆に沿って長めの飲み口とした珍しい形状の例です
・CAD図(3D-CAD)、PDFはこちらへ。

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 10
⑩設置例 二重目皿付き 設置工事中例
歩車道境界の天端と同じ高さとし、開閉可能なボルト固定の蓋付例です
こちら

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 11
⑪設置工事中例 ストッパー付き
地覆貫通管にストッパーがついています(赤丸箇所)

橋梁用 地覆 横引 排水装置 プレテンホロー 12
⑫工事後例
地覆を斫り設置した後の例です


⑬設置例 丸管仕様
L型の丸管一本物です。ブレ防止の為、金具にて固定しています


⑭設置例 ⑬の橋側からの写真
目皿の無い丸管を設置した例です


⑮設置例
「TSDR-SFD」の設置例です。先に地覆埋設部を設置し打設後写真の鉛直部設置です


⑯設置例 
添架管のブラケットを避けて金具を取り付けています


⑰設置例
「TSDR-SFD」の設置例です。先に地覆埋設部を設置し打設後写真の鉛直部設置です


⑱設置例 ⑰の地覆への設置写真
こちらの製品は地覆部内はFRPの仕様となっています


⑲設置例
鉛直部も地覆内に埋め込みしています。掃除が出来るよう鉛直部は地覆天端まで延長


⑳設置例 ⑲の外側からの写真 
地覆部埋め込みの為、スッキリした外観です

㉑設置例 
鉛直部の内側にプレートを溶接しておき、T字の金具を取り付けています


㉒樋+分離仕様
TSDR-YD201をベースとし、横引個所も樋仕様です。右側は接続部と蓋スライド部

TSDR-YD201
㉓設置例 ㉒の設置写真
実際の設置写真です。下側写真は地覆部の樋箇所です


㉔設置例 ㉒の鉛直箇所
樋仕様の為、詰まりにくくなります。金具が落ちない様、樋に溝が切ってあります


㉕分離型 ※横引部 密着防錆剤塗布
横引部と鉛直部が分離した仕様です。横引部は密着防錆剤を塗布しています

㉖施工途中 ㉕の横引部の地覆打設前
地覆打設前です。目皿箇所を養生し打設箇所には密着防錆剤を塗布しているのがわかります


㉗施工途中 ㉕の舗装工事前
地覆打設後です。舗装工事前になります


㉘施工途中 ㉕の外側より 鉛直管施工前
㉗と同時期の写真です。横引部が少し飛び出ているのがわかります


㉙設置例 ㉕の設置写真
設置後の写真です


㉚設置例 ㉕の設置写真
舗装工事後の写真です

①-A1-4. 横引(地覆貫通)管 その他形状例

No.14-01

No.14-02

No.14-03

No.14-04

No.14-05

①-A1-5. 丸管・角管 断面積比較 

Φ(丸パイプ) / □(角パイプ) 断面積 比較 

土砂等の詰まりを低減するため、可能な限り大口径をおすすめします

橋梁排水桝土砂詰まり例

橋梁排水桝が詰まり排水不具合例


桝に土砂が堆積し詰まっている例

①-A2.間詰部 排水桝 製品事例

①-A2-1.間詰部 排水桝 仕様について

左:目皿仕様イメージ / 右:グレーチング仕様イメージ

歩道や端部で輪荷重
対応不要な場合
目皿(SUS304)仕様

 
※目皿仕様の場合、孔形状やサイズ
は任意で製作可能です。
またアンカー固定用のプレートの取付
も可能です(グレーチング仕様含む)

輪荷重対応必要な場合
グレーチング
(SS400めっき)仕様

・ロート部について

桁上にコンクリートがある場合はロート付で、ない場合は桝枠から直接角パイプを取付ける等、柔軟に対応します

・角パイプのサイズについて


・間詰部が狭く流量確保が難しい
→角パイプのサイズ、縦横比を自由に製作可能
・設置箇所が限定される
→受枠形状や勾配、管を斜めに取付けたり柔軟に製作可能
・新設、補修とも将来の補修交換が困難
→ステンレス製で長寿命です

・流量確保の為、角の縦横比を大きくとった例

※横締めのPC鋼線を避けてください

・枠サイズ、角管位置も自由です

・ロート部無しで桝枠内で勾配を設けた例


①排水桝内に水が溜まらないよう桝枠内にプレート(赤色三角形箇所)を取付し製作
②輪荷重対応用にグレーチング設置箇所をプレート(緑色長方形箇所) で嵩上げ
③基層が不透水仕様の為、水抜き孔位置(紺色丸矢印箇所)を上側に配置

・ロート部を設けて勾配を確保した例
※桁が床版の場合は設置困難な場合有

①-A2-2.間詰部 排水桝 様々な形状例

No.16-01

No.16-02

No.16-03

No.16-04

No.16-05

No.16-06

No.16-07

No.16-08

①-A2-3.間詰部 排水桝 設置例

①設置例
上からの写真と下からの写真です
※上下で現場は異なります

②設置例
上写真の形状のものを設置した写真です

③上記形状のイメージ
間詰部内の橋軸方向に長さを確保した例

①-A3.補修 排水桝 製品事例

①-A3-1.既設角パイプ桝内へ新しい角パイプ桝を設置例


橋梁用排水桝でプレテンホローの既設管内へ使用

橋梁用排水桝でプレテンホローの既設管内へ使用の設置パイプの縦横長は自由に設定、製作可能。
現場にあったサイズでご提案可能

①-A3-2.端部のみ補修の例

・暴露状態になる集水部が 傷んでいる
・開口部が小さい為、集水に難がある
・湿潤状態になりやすい流末が傷んでいる
・長さが短い為、他の構造部に飛沫水で損傷

挿し込み/嵩上げ排水桝について詳しくはこちらをご覧ください

(輪荷重対応)グレーチング仕様
床版舗装工事に嵩上げ排水桝で輪荷重対応仕様

目皿仕様橋梁用排水桝で角型目皿含む枠のみ例

①-A4.補修 天板プレート一体型排水装置他 事例

①-A4-1.地覆からの横引きの処理に
天板プレート一体型排水装置を用いた例

地覆より排水不良例

地覆から横向き天板プレート仕様横引排水の水切りとして使用した例

横引排水を桁下までの導水に用いた例、横引用丸管形状例

天板部に曲有+角管で使用した例


横引へ長めの天板プレート一体型排水装置を用いたイメージ

①-A4-2.桁下面の処理に
天板プレート一体型排水装置を用いた例

間詰部へアンカー(めねじ+寸切ボルト)を打ち、且つ既設管をラップできるようにした製作例

天板プレート一体型排水装置について詳しくはこちらをご覧ください