③-A1. TSステンレス排水桝
+高気密ステンレス排水管

③-A1-1. 設置イメージ一例

上部工
イメージ

下部工
イメージ

上部工
平面図/断面図

下部工
断面図

③-A1-2. 部品図

TSステンレス排水桝
「まがるくん」TSDR-GM

高気密ステンレス排水管 加工管
TS-PIPE

TSカップリング

高気密ステンレス排水管 加工管
TS-PIPE

高気密ステンレス排水管 スパイラル直管
TS-PIPE

伸縮管

リブ・フランジ加工 専用ステンレス金具

高気密ステンレス排水管 加工管
TS-PIPE

③-A2. 「高気密ステンレス排水管」特徴等

③-A2-1. 「高気密ステンレス排水管」
(TS-PIPE)特徴

低コストな「TS-PIPE スパイラル直管」、加工自由度の高い「TS-PIPE 加工管」の組み合わせから成る、優れた特徴を持つ橋梁添架排水管です。

T字型管、Y字型管といった複雑な形状にも対応します

スパイラル直管+斜切管を使用した垂れ流し管の例

主な特徴

長寿命 : 耐寒性、耐熱性、耐候性、耐蝕性に優れるオーステナイト系ステンレス SUS304材使用
軽量 : SGP管、VP管等と比較し軽量となり施工、運搬、安全に寄与します
低コスト : SGP管に対しイニシャルコストで、VP管に対しLCCに優れます

様々な形状で製作可能

→ 図面作成からお手伝いいたします。特に現場に合わせ提案が必要な補修工事で多くご相談をいただいています

スパイラル直管
0.5mm厚(φ200)のSUS304コイルから、止水処理を施しスパイラル状に加工し製作
加工管
1.2mm厚(φ200)のSUS304材を展開、レーザーカットし筒状に加工しTIG溶接(バックシールド処理含)後、電解処理にて焼け取りし製作

  • ステンレス鋼材、SUS304を使用しており耐久性に優れます。塩害や寒暖、紫外線に強く長寿命です
  • 薄型/軽量で可搬性、施工性、安全性に極めて優れます
  • イニシャルコスト、ライフサイクルコストに優れます
  • 排水管に必要な強度を確保しスパイラル製法等で薄型としステンレス製ながら、低コストでのご提案が可能(おおよそφ150以上の管径からSGPめっき管との比較で低コストでのご提案が可能)※管径や形状等により異なります
  • 価格について “スパイラル直管”仕様:φ200(t=0.5) 5,800円/m その他径はお問合せ下さい。“加工管”仕様:形状、長さ等により異なりますのでお問い合わせ下さい
    ※価格は令和4年8月末時点での価格となります。最新の価格はお問合せください
  • 全国実績2571件以上(令和6年4月末現在)
  • ステンレス鋼材は殆どがリサイクル可能な環境にも優しい鋼材です
  • 新設、補修問わず幅広くご活用頂けます。めっき不要の為、短納期での製作も可能です
  • 詳しくはお気軽にお問合せ下さい

※高気密ステンレス排水管は2017年4月を持ちまして、NETIS掲載期限を迎えたためNETIS掲載を終了致しました。掲載時NETIS番号 CB-980013-VE(活用促進技術)

③-A2-2. 「高気密ステンレス排水管」
(TS-PIPE)他管種比較表

※Φ200(他管種は200A)の比較になります。通常は大口径になると割安に、小口径になると割高に、スパイラル直管比率が高くなると割安になります。 排水管の形状や現場状況、環境により異なります。
※排水桝含め別途現場毎に試算致します。お気軽にお申し付けください。
 

高気密ステンレス排水管 硬質塩化ビニル管(VP管) 配管用炭素鋼鋼管(SGP管)
φ200 200A での一例 橋梁用排水装置 比較表用ステンレス写真 橋梁用排水装置 比較表用VP塩ビ写真 橋梁用排水装置 比較表用SGP写真
材質 ステンレス(SUS304) 硬質塩化ビニル 炭素鋼(SS400) 溶融亜鉛メッキ(HDZ55)
重量 ・スパイラル直管 3.0kg/m (t=0.5※ハゼ部t=2.0mm) ・加工管6.0kg/m(t=1.2mm) 10.1kg/m(t=10.3mm) 30.1kg/m(t=5.8mm)
特徴 スパイラル直管は厚さ0.5mmの薄板をスパイラル状に成形しているため、薄型・軽量ながら高強度な製品である。加工管は厚さ1.2mmの板で成形し、排水時の水の圧力に耐える構造としている。 JISの規格があり、汎用品のため入手が容易である。熱可塑性樹脂を使用しているため錆の問題はないが高温での物性低下、低温でのもろさに注意。 JISの規格があり、汎用品のため入手が容易である。
施工性 非常に軽量であるため、施工性に優れる。 軽量であり、重機等の使用は必要としない。 他の管種に比較して重量があり、配管にクレーンが必要である。接合フランジ等の加工がコストアップの要因となる。
維持管理 内面が平坦なため、土砂等の堆積が生じにくい。ステンレスは非常に安定した金属であり、凍結防止剤、融雪剤に対する耐性も優れている。ただしスパイラル直管は凹みに注意が必要。 曲管は直管に熱をかけて成型する為、Rの外側の肉厚が薄くなり、強度の低下が起こる。また応力が残留し、曲げ戻しが発生する事がある。経年で紫外線等による劣化が進むと、管の反りや強度低下による割れ等、本来の性能、形状を維持できない場合がある。また清掃時の高圧水洗浄で破損した例もあり、維持管理上の理由で他管種が採用されるケースもある。 曲管は直管に熱をかけて成型する為、Rの外側の肉厚が薄くなる。 高圧水洗浄に対して問題がない。 土砂の流下によって内面の亜鉛メッキが削り取られた場合、寒冷地では凍結防止剤、融雪剤による腐食が急速に進行する事がある。このような場合、外観からは問題を把握し難い。
耐候性 ステンレスは不動態皮膜を形成し、これにより内部の鉄を酸化から守るため錆の発生を抑制する。 紫外線による延性の劣化、寒冷地における低温脆性の問題がある。これらにより管が脆くなると強度が極端に劣化する。 基本的に耐候性に優れるが、上記のように亜鉛メッキが削り取られた場合には腐食が発生する。
外観 仕様上、曲管がエビ折れ形状になるが、SUS304材に統一された外観は良好である。ただし鉄が飛散する場所では表面が赤くなる「もらいさび」が発生する事もあり、使用環境による外観のばらつきがある。(ただしSUS304材の腐食の内部への進行は極めて遅い為、排水機能の保持期間自体への影響は少ない) 暴露状況では薄い青味と光沢のある期間は短く、紫外線による劣化で表面の粗化が進行し、白色や茶褐色に変色する。 溶融亜鉛メッキが施された外観は初期は銀色で、経年により表面が白くなる。初期~中期にかけては概ね良好であるが、長期経年では溶出によりメッキ層が貫通され、急激に腐食が進行する。また排水による内部腐食が進行すると管端から赤錆が発生するので、凍結防止剤等の使用環境に
コスト: 高気密ステンレス排水管材料費を100とし表記 初期費用: 材料 100+施工費 (歩掛)13=113 100年後のLCC: 耐用年数50年  2回交換 226 初期費用+交換費用=339 イニシャル コスト 初期費用: 材料 77+施工費 (歩掛)13=90 100年後のLCC: 耐用年数25年  4回交換 360 初期費用+交換費用=450 イニシャル コスト 初期費用: 材料125+施工費 (歩掛)20=145 100年後のLCC: 耐用年数50年  2回交換  290 初期費用+交換費用=435 イニシャル コスト
ライフサイクルコスト ライフサイクルコスト ライフサイクルコスト
まとめ 安定した性質をもつステンレスであり、長期間の使用に耐えられる。 汎用性が高く低コストで入手できる材料であるが維持管理、耐候性の面で他管種に劣る。 汎用性が高く強度も優れ、どこでも入手できる材料であるが施工性、経済性の面で高気密ステンレス排水管に劣る。

 
 

③-A2-3. よく頂く質問について


スパイラル直管仕様について
割り付けの際の延長につきまして、高気密ステンレス排水管図面の長さにて製作しますので、定尺という考え方はございませんが、後述する金具ピッチとの兼ね合いを考えますと、塩ビ管同様に4000mmで設計されることをお勧めします。
また、運送や現地での取り回し等を考慮し最大でも4500mm以下となるような設計をお願いします。

・加工管仕様について(展開切板からの溶接仕上げ)
高気密ステンレス排水管の曲管部は、仕様上エビ折れ形状となります。曲げ半径につきましてはセンターピースの大きさによって変化させています。
最少曲げ半径につきましては管径により違いますが、円周方向の溶接線同士のクリアランスが5mm以上取れる形状であれば製作可能です。
また、センターピースを除いたL型の管も製作できますが、この場合は排水工指針上、清掃用の蓋が必要とされています。その場合、コスト上の観点から蓋はフランジタイプをお勧めします。基本的には曲部の溶接線同士が重ならず、曲部での径の変化がなく、二次元上にて表現できる形状であれば対応可能です。2次元では表現できない管(特に合流管や2箇所以上の曲部があるもの)については製作できない場合がありますので、事前にご相談下さい。

・接続部について
管同士の接続は下流側を80mm伸ばし、差込用の"つぶし"を作成、施工時に差込後、シーリングし「TSカップリング」を被せる仕様です。

・取付金具について
取付金具の使用ピッチは2000mm以下とさせて頂いております。
また、高気密ステンレス排水管は1本の管につき、原則2か所以上の支持をお願いしております。
(上流・下流部の管がどちらも2箇所以上にて支持されている場合の間にある管や、排水桝等にボルト固定されている場合は取付金具1か所でも可能)
形状・材質としましては、ステンレス製でありながらコストダウンが図れる高気密ステンレス排水管専用品がありますが、縦引き専用かつH=350以下10mm刻みでのラインナップとなっておりますので、使用は下部工に限られるケースが多いのが現状です。
横引き部や、H=350を超えるケースでは、コスト面の観点から他管種と同じくSS400の溶融亜鉛メッキ仕様を標準とさせて頂いております。
また全ての取付金具の円周内面には管のズレ防止と異種金属接触腐食が起こらない様、絶縁ゴムを貼り付けております。
局部的に高負荷のかかる金具(Uボルトを使用するタイプ等)は凹みの懸念がある為、使用を避けて下さい。

・粗度係数について
ステンレス鋼管の粗度係数は0.01ですが高気密ステンレス排水管は、SUS304の2B材を使用しております。(2Bとは冷間圧延にて表面に鈍い光沢を出した材料です=スキンパス)また、スパイラル形状である直管は外面には凹凸がありますが、内面は平滑に仕上がっております。曲管部は内外面共に平滑です。

・フレキシブルチューブ接続について
主に下記の3パターンでの接続となります。
近年では確実な取付の為、①もしくは②の‘さや管’有り仕様が増えています。ただし排水管の工場製作時に溶接で取り付ける必要があります。
位置や向き等が未決で現場合わせの場合は③となります。現場合わせでさや管(ネジ切付)仕様とする場合は‘あとからフレキ/その他事例の「TSあとからフレキ」を用いネジ切付さや管で確実に固定する方法があります。

・SUS304の熱膨張率について(比較として炭素鋼管、硬質塩化ビニル管)

SUS304
硬質塩化ビニル
炭素鋼管
熱膨張率係数(10-6㎜/℃) 17.3 70 11.6

 
 

③-A2-4. 「高気密ステンレス排水管(TS-PIPE)」と
他管種との仕様比較

「高気密ステンレス排水管」「VP(硬質塩化ビニル)管」「SGP(配管用炭素鋼鋼)管」
サイズ、質量一覧

呼び方 種類 外径 (mm) 厚さ (mm) 質量 (kg/m)
φ100 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 102.0 0.5(ハゼ部 2.0) 1.5
加工管 102.0 1.0 2.6
100A VP(硬質塩化ビニル)管 114.0 6.6 3.4
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 114.3 4.5 12.2
φ125 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 127.0 0.5(ハゼ部 2.0) 1.9
加工管 127.0 1.0 3.8
125A VP(硬質塩化ビニル)管 140.0 7.0 4.5
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 139.8 4.5 15.0
φ150 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 152.0 0.5(ハゼ部 2.0) 2.3
加工管 152.0 1.2 4.6
150A VP(硬質塩化ビニル)管 165.0 8.9 6.7
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 165.2 5.0 19.8
φ200 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 202.0 0.5(ハゼ部 2.0) 3.0
加工管 202.0 1.2 6.0
200A VP(硬質塩化ビニル)管 216.0 10.3 10.1
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 216.3 5.8 30.1
φ250 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 252.0 0.6(ハゼ部 2.4) 4.5
加工管 252.0 1.2 7.6
250A VP(硬質塩化ビニル)管 267.0 12.7 15.5
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 267.4 6.6 42.4
φ300 高気密ステンレス 排水管(TS-PIPE) スパイラル直管 302.0 0.6(ハゼ部 2.4) 5.4
加工管 302.0 1.2 9.1
300A VP(硬質塩化ビニル)管 318.0 15.1 22.0
SGP(配管用炭素鋼鋼)管 318.5 6.9 53.0

参考:φ100未満時SUS管について
高気密ステンレス排水管はφ100(外径φ102)からが定番となります。
排水桝に使用する場合等、φ100未満ステンレス管の提案を行う場合はSUS一般管を使用します。下記に弊社で提案の規格を表記します。
※特にご指定が無い場合はt=2.0mmを提案しております。

呼び径 20A 25A 32A 40A 50A 65A 80A 90A
外径(mm) 27.2 34 42.7 48.6 60.5 76.3 89.1 101.6
厚さ(mm) 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0
質量(kg/m) 1.3 1.6 2.0 2.3 2.9 3.7 4.3 5.0

参考:φ100未満時SUS管について
高気密ステンレス排水管はφ100(外径φ102)からが定番となります。
排水桝に使用する場合等、φ100未満ステンレス管の提案を行う場合はSUS一般管を使用します。下記に弊社で提案の規格を表記します。
※特にご指定が無い場合はt=2.0mmを提案しております。

「高気密ステンレス排水管」と「一般ステンレス鋼管」比較

高気密ステンレス排水管 (一般)ステンレス管
スパイラル直管仕様 加工管仕様 配管用ステンレス鋼管 (SUS-TP)
φ100 ※TP管100A 外径φ102 t=0.5 (ハゼ部t=2.0) 1.5kg/m 外径φ102 t=1.0 2.6kg/m 外径φ114.3 Sch10S t=3.0 8.32kg/m Sch20S t=4.0 11.0kg/m
φ150 ※TP管150A 外径φ152 t=0.5 (ハゼ部t=2.0) 2.3kg/m 外径φ152 t=1.2 4.6kg/m 外径φ165.2 Sch10S t=3.4 13.7kg/m Sch20S t=5.0 20.0kg/m
φ200 ※TP管200A 外径φ202 t=0.5 (ハゼ部t=2.0) 3.0kg/m 外径φ202 t=1.2 6.0kg/m 外径φ216.3 Sch10S t=4.0 21.2kg/m Sch20S t=6.5 34.0kg/m
φ250 ※TP管250A 外径φ252 t=0.6 (ハゼ部t=2.4) 4.5kg/m 外径φ252 t=1.2 7.6kg/m 外径φ267.4 Sch10S t=4.0 26.2kg/m Sch20S t=6.5 42.2kg/m
φ300 ※TP管300A 外径φ302 t=0.6 (ハゼ部t=2.4) 5.4kg/m 外径φ302 t=1.2 9.1kg/m 外径φ318.5 Sch10S t=4.5 35.2kg/m Sch20S t=6.5 50.5kg/m
 
重量 非常に軽い 軽い 重い
価格 非常に低コスト 比較的低コスト ※形状により異なります
大口径ほど、より割安に ※小口径の場合、割高になる場合があります
曲管等、加工物の製作 直管のみ、不可 加工性が良く様々な形状で 製作がしやすい 可能だが高価になりやすい
接続 差込み式(差し込み後、シール+TSカップリング) ※シンプルで低コスト 可撓継手やフランジを用いる
注意事項 (凹み) 薄型の為、TP管と比較すると凹みに注意必要 肉厚があり凹みに対し問題無し
用途 橋梁添架専用 汎用性が高い

 
 

高気密ステンレス排水管およびVP管 排水管設置歩掛

排水管設置歩掛 10m当り 単位 愛知県労務単価 (2022年度) 金額
世話役 0.3 25,900 7,770
特殊作業員 0.9 24,200 21,780
普通作業員 0.6 20,600 12,360
41,910

③-A3. 「高気密ステンレス排水管」
設置歩掛について

③-A3-1. 参考:排水管設置歩掛について

「高気密ステンレス排水管」と「一般ステンレス鋼管」比較
排水管流水延長 100m / コンクリートアンカー100箇所
愛知県にて設置と仮定の場合

・高気密ステンレス排水管/VP管 設置歩掛
41,910円/10m×10倍=419,100円・・・①
・コンクリートアンカー 設置歩掛
158,845円/100本×1倍=158,845円 ・・・②

・SGP管 設置歩掛
78,700円/10m×10倍=787,000円・・・③

高気密ステンレス排水管/VP管 アンカー削孔含む
①+②=577,945円
SGP管 アンカー削孔含む
③+②=945,845円

高気密ステンレス排水管およびVP管 排水管設置歩掛

排水管設置歩掛 10m当り 単位 愛知県労務単価 (2022年度) 金額
世話役 0.3 25,900 7,770
特殊作業員 0.9 24,200 21,780
普通作業員 0.6 20,600 12,360
41,910

コンクリートアンカー設置歩掛

コンクリートアンカー 設置歩掛 100本当り 単位 愛知県労務単価 (2022年度) 金額
世話役 0.9 25,900 23,310
特殊作業員 2.7 24,200 65,340
普通作業員 1.8 20,600 37,080
アンカー材料費 ※仮に300円とする 100 300 30,000
小計 155,730
諸雑費率 2 % 3,115
158,845

SGP管 排水管設置歩掛

排水管設置歩掛 10m当り 単位 愛知県労務単価 (2022年度) 金額
世話役 0.4 25,900 10,360
特殊作業員 1.1 24,200 26,620
普通作業員 0.7 20,600 14,420
トラッククレーン運転 0.7 39,000 27,300
78,700

参考:日当り作業量

作業名 作業日当り標準作業量
コンクリートアンカーボルト設置 56本/日
排水管設置(VP管) 17m/日
排水管設置(鋼管) 13m/日

・排水管設置歩掛/日当り作業量…国交省土木工事標準積算基準書より
・労務単価…公共工事設計労務単価(令和4年3月より適用する)より

※管理費、諸経費、法定福利費等は含んでおりません。
※あくまで参考となります。

③-A4. 「高気密ステンレス排水管」
「TSステンレス排水桝」実績等

③-A4-1. 「高気密ステンレス排水管」
「TSステンレス排水桝」実績

実際の現場住所による振り分けの為、発注者様の都道府県と異なる場合があります。
また、その他理由により実数と異なる場合があります。
※令和6(2024)年4月末までの実績

③-A4-1-a. 北海道 実績

実績写真を見る
製品/設置写真 検索サイト

③-A4-1-b. 東北 実績

③-A4-1-c. 関東 実績

③-A4-1-d. 中部 実績

③-A4-1-e. 近畿 実績

③-A4-1-f. 中国 実績

実績写真を見る
製品/設置写真 検索サイト

③-A4-1-g. 四国 実績

実績写真を見る
製品/設置写真 検索サイト

③-A4-1-h. 九州 実績

③-A4-1-i. 各地域 現場設置写真

③-A4-2 参考 メッシュ平均値図

排水管材料にとって問題になる紫外線、気温(寒さ、融雪剤)、積雪(凍結、融雪剤)に関連するデータを抜粋

平年値を使って1kmメッシュで推定した平年値を、色の違いで図示したものです。

※気象庁HPより引用

③-A5. 各種現場写真はこちら

サブサイト [ 製品/設置写真 検索サイト ] て様々な事例をご覧頂けます

③-A5-1. 工事写真すべて

全ての現場写真をランダムでご覧いただけます

一覧表示 ランダム を選択してください

下記のいずれかより組合せ検索が可能です

比較的シンプルに組合せ検索できますが、選択範囲に制限があります

あらゆる組合せで検索できますが、複雑となります

※組合せ合わせの内容によっては正しく検索・表示が出来ない場がありますことご了承願います

③-A5-2. スパイラル直管がある新設橋

新設工事スパイラル直管が使用されている現場

C.01 新設工事 を選択してください