③-C. TSステンレス排水装置 新設橋/補修向け ご提案例

③-C1. TSステンレス排水装置 新設橋向け ご提案例

◆→排水工指針より引用(指針は発注者様により異なります。参考例としてご覧下さい)
●→別途ご提案、他指針例(現場状況に応じご検討下さい)

③-C1-1. 各種ご提案

①自在勾配排水桝
「まがるくん」のご提案

橋梁 排水桝●縦横断勾配のある場合は自在勾配排水桝「まがるくん」をご検討下さい。

路面の勾配に合わせ縦断、横断とも調整の出来る排水桝。

こちらをご覧下さい

②桝・コンクリートの付着率向上のご提案

●鋼・コンクリート密着防錆剤を排水桝に塗布。

’TSステンレス排水桝’と’コンクリート’との界面の密着向上が可能となる「鋼・コンクリート密着防錆剤」を使用し、排水桝とコンクリート床版の境界部の剥離を防止軽減し漏水・遊離石灰の発生を抑えることが可能です。

こちらをご覧下さい

③耐候性に優れたグレーチングご提案

●耐候性に優れる「TSステンレス排水桝」をお勧めします。グレーチングは通常めっき製ですが、より長寿命なステンレス製やSGめっき製(株式会社興和工業所製)もおすすめします。

・SGめっき

SGめっきの特徴

耐食性が抜群に高い。塩水噴霧試験において通常溶融亜鉛めっきの10倍の耐食性。 特に塩害に強く、沿岸部、融雪剤を使用する道路付近の鋼鉄製品の防錆に最適。(株式会社興和工業所HPより引用)

・ステンレスグレーチング

橋梁 排水桝材質そのものをSUS製へもおすすめです

こちらをご覧下さい

④床版排水材例のご提案

●ステンレス製床版排水材
「TSステンレス排水桝」「高気密ステンレス排水管」と組み合わせオールステンレスでのご提案をお勧めします。本体がステンレス製のみならずフレキシブルチューブ接続部もステンレス製の為、樹脂製のように割れたりの損傷が防げます。
※他社製品となります。詳細仕様は各製品で異なります。詳細は他社へお問合せ下さい
※床版排水材の端部破損の場合は「TSあとからフレキ」をご検討ください

⑤掃除蓋のご提案

●形状や位置等、様々な形状ご提案が可能です。

⑥床版排水材からの導水管のご提案

●一部寒冷地では横引管を延長し床版排水からの導水を鉛直のみで排水管接続とし確実な処理を行っている。(小径の導水管では凍結による損傷、詰まりが発生しやすい為)
※イラスト、写真とも高気密ステンレス排水管φ100で床版排水導水管になります

⑦ステンレス金具のご提案

TS-PIPE専用金具例●下部工への取付金具は高気密ステンレス排水管専用の薄型でもプレス加工を施したTSステンレス金具をご利用下さい。(低コストで長寿命なステンレス製の金具をご利用頂けます)
※L=300程度となります。それ以上は一般的なt=6ステンレス、SS400の金具をご利用ください

⑧溢水防止パッキンのご提案

●メイコーエンジニヤリング株式会社製「RDジョイント」を使用した例になります。
集水桝と下部配管を密閉接続し、漏水や溢水を防止します。
※写真は補修工事にて使用例。高気密ステンレス排水管と鋳物等の鋼製排水桝との異種金属接触対策にもなります

⑨負圧対策のご提案

●ゲリラ豪雨等による想定外の降雨時に排水管内へ負圧が発生し、伸縮継手を破損するばかりではなく排水管をも破損することがあります。この現象を低減させる為に、空気孔を設ける場合があります。写真、図面はメイコーエンジニヤリング株式会社の負圧対策専用品「エアハンター」を使用し対策を施した例になります。

⑩塗装のご提案

通常、保護の為の塗装は不要ですが景観上等で塗装が必要な場合はお問合せ下さい。(塗装は当社では行っておりません。外注およびご紹介となります)

③-C2. TSステンレス排水装置 補修工事向け ご提案例

TSステンレス排水桝 ご提案例


桝やパイプが傷んでいる以外の課題として

①集水部が小さく詰まりやすい

②管そのものが細い

③水抜孔が無く床版上に水が溜まりやすい

④流末が短く、飛沫水の影響を受ける

 

 

 

床版防水、舗装工事へ合わせご提案例として

①集水部を大きくする

②管径を大きくする

③水抜孔を設け床版上の水を導水可能とする

④流末を長くし飛沫水の影響を軽減する

排水桝例として

こちらをご覧下さい

桝やパイプが傷んでいる以外の課題として

・構造上コア抜きが困難な為、排水パイプの交換が難しい。

・流末が短く、飛沫水の影響を受ける

 

 

 

ご提案例として

①既存の中に桝、管を設置する
こちらをご覧下さい
②集水部と流末箇所のみ設置
こちらをご覧下さい
③地覆貫通管を設置する
こちらをご覧下さい

高気密ステンレス排水管 ご提案例

 

 

 

①長寿命な高気密ステンレス排水管を(直管部にスパイラル直管を使用で低コストに)
②垂れ流し直管のみであればスパイラル直管+斜切管仕様で低コストでのご提案が可能です
③「天板プレート一体型排水管」を使用する→こちらをご覧下さい
④「あとからフレキ」を使用する→こちらをご覧下さい

排水桝 不具合損傷例
土砂等で詰まっている例

目皿部(鋼製)損傷例

排水管補修工事例

③-C3. 排水関連不具合例写真例

排水装置 不具合例:排水装置の劣化、損傷は漏水により橋本体への影響が懸念されます

既存材料課題点
塩ビ管:紫外線劣化、寒さによる耐衝撃性の低下、凍結による破裂、熱膨張率差での割れ
SGP管:塩害等による腐食、重量物で施工撤去時の負担が大きい、高価
→ 高気密ステンレス排水管を比較検討下さい

VP管 損傷例

VP管 損傷例

フレキシブルチューブ 脱落例

SGP管 腐食例

SGP管 腐食例

桁へ排水がかかり傷んでいる事例