①-D. 床版貫通管/嵩上げ、キャップ、上枠のみの製作事例

床版貫通管/嵩上げ用の桝、キャップ等の製作提案事例です。
サイズ、管径、目皿形状等、個別でご要望にお応えします。

CAD図(3D-CAD)、PDFこちら(グレーチング仕様)こちら(SUS目皿仕様)をご覧下さい。

①-D. 床版貫通管/挿し込み、嵩上げ、キャップ 製作提案事例(TSDR-)

①-D1.床版貫通管製作事例

①-D1-1. 標準仕様 床版貫通管(TSDR-BH/MH)


○おすすめ:床版貫通管 全ネジ仕様タイプ


○バーの箇所をプレート、角棒等で製作した例

床版版貫通管製作事例(丸管、角管)プレートを平板や角棒、管径、目皿形状等、ご要望に応じ製作します

①-D1-2. (舗装厚)PI×TARI管 TSDR-BHPx

○現地で舗装厚に対しての高さ調整が可能

補修 床版貫通管の施工上の課題

■舗装を斫るまで厚さがわからない為に、床版貫通管の注文が出来ず工程を組みづらい
■流末斜切の方向、水抜孔の位置が設置場所により異なる場合がある為、床版貫通管の発注を細かく分けないといけない

→ 「PIxTARI管」は現場で調整が可能

製品の特長

使用方法


①-D1-3. 床版貫通管の施工写真例

①-D2.挿し込み、嵩上げ、キャップ 製作事例

①-D2-1. グレーチング/キャップ仕様例


①-D2-2. 輪荷重対応:グレーチング仕様 TSDR-GT

標準的な形状例

高さがあり、上向きボルトの例

鉄筋を避けるためプレートを増やした例


①-D2-3. ステンレス目皿仕様 TSDR-MT

標準的な形状例

パイプの角度を変え製作した例


①-D2-4. 床版貫通パイプ用キャップ TSDR-CA

標準的な形状例

極床サイズの製作例 φ48.6

設置途中例

水抜き孔を設けた例

長めのプレート例

橋梁用排水で補修時のキャップ例水抜き孔を設けています


①-D2-5. 比較的大型で被せ式とした例 TSDR-GT

橋梁用排水桝のうち補修で枠部のみ交換したイメージ※既設桝の集水部より下を流用